BOOK NOW

EVENT

今と昔を繋ぐ「京からかみ」の展示

2020/5/1(金)~8/31(月)

今と昔を繋ぐ「京からかみ」の展示

寺院や茶室、料亭などの襖・壁紙に使用され、京都で数えるほどの工房でしか作られていない伝統工芸品「京からかみ」の展示を行います。

唐紙(からかみ)はその名の通り、奈良時代に中国から伝わり、文字を美しく見せるため手紙や詩歌を書くための料紙として使われてきました。また平安時代に京の都では、唐紙は貴族文化に浸透、住居や寺院などで広く使われるようになりました。時代とともに独自の技術と京の美意識が反映され、格調高い唐紙へと発展した「京からかみ」は、上品にその場に溶けこむ優美さで、現代ではホテルやレストランのインテリアにも使用されています。

手彫りした古くから伝わる伝統文様の版木を使い、熟練の職人の絶妙な加減が生み出す手摺りのやわらかな風合いや陰影の美しさ、新たな可能性を感じていただければと思います。

展示期間:2020年5月1日(金)~8月31日(月)

京からかみ 丸二

株式会社丸二は、表具師としての創業以来110余年余りの歴史に培われた技法をもって、伝統工芸品として、京唐紙を守り伝えてきました。天保時代からの版木を使い続け、文様などの伝統を守りながら、その世界観を現代の生活様式やニーズにマッチさせる新しい空間づくりを提案しています。主に襖や壁紙など室内装飾として用いられる京唐紙ですが、職人の指導のもとその工程を体験できる複合施設「唐丸」を2017年にオープン。版木をモチーフにした木製スタンプや唐紙で仕上げたインテリア商品なども販売しています。本物の版木を使って実際の唐紙と同じ原料・工程で唐紙摺りを体験出来るプログラムもあり注目を集めています。

京からかみ体験工房 唐丸
https://karamaru.kyoto/

【終了】今と昔を繋ぐ「京の伝統工芸」  真田紐の展示

2020/3/1(日)~4/30(木)

【終了】今と昔を繋ぐ「京の伝統工芸」  真田紐の展示

伸び難く丈夫で滑りにくい機能性と美しい和のデザイン性を併せ持つ真田紐。手織りの伝統を受け継ぐ、真田紐師・江南の真田紐の展示を行います。

真田紐は機(はた)などを使い、縦糸と横糸で平たい紐状に織っていくため、”紐”という名はついていますが、「世界最小幅の織物」ともいわれています。
織ることで生まれたその機能性から、戦国時代には甲冑や武具を繋ぎとめるために使われてきました。現在は茶道具を収めた桐箱の結い紐にも用いられており、家元や作家さんごとに独自の柄の紐を使う、「御約束紐」の文化が現在も残されています。
さまざまな種類の真田紐のほか、その伝統技法から生まれたアクセサリーや小物など、伝統とモダンが融合する新しい姿もお楽しみください。

展示期間:2020年3月1日(日)~4月30日(木)

真田紐師 江南
当ホテルの隣に店を構える「真田紐師・江南」は、糸染めから製織まで、全ての工程を手仕事で行っています。戦国時代の末期に伊賀から京都に移り住んだ初代より続き、現在の和田伊三男さんで十五代目となります。現在でも当時の形の手織り機を使用して真田紐の伝統を受け継ぐ、手織り工房です。真田紐を使ったストラップなどの小物作りを体験することもできます。
http://www13.plala.or.jp/enami/

【終了】今と昔を繋ぐ「京の音色」  佐波理おりんの展示

2019/12/28(土)~2/29(土)

【終了】今と昔を繋ぐ「京の音色」  佐波理おりんの展示

お寺で仏具として使われるおりんを中心に、祇園祭で使われる鉦なども製作している南條工房のおりんの展示を行います。

佐波理製おりんの澄んだ音色は魔を払い浄める力があると信じられてきました。
澄み切っていながらも落ち着いた音色と長い余韻は、故人への祈り・マインドフルネス・ヨガ・ヒーリングなど自由にお使いいただけ、その音色は心地よく響き寄添います。代々受け継いできた伝統技法と、手間をかけた仕事で澄み切った響きをぜひ感じてみてください。一部展示品は実際に手に触れて、お買い求めいただく事も可能です。

展示期間:2019年12月28日(土)~2月29日(土)

南条工房
京都府宇治市にある南條工房は創業180年余りの歴史に培われた伝統と知恵をもとに焼型鋳造法による佐波理(さはり)製のおりんを中心に鳴物神仏具製造を行っています。全ての製品に使用している「佐波理(さはり)」と言われる青銅は、鋳造・加工の際に伝統の技術が必要なため国内でも数件しか製造していません。祇園祭に使用される鉦も制作されているほか、人と仏具の関係が変わりゆく中、現代のライフスタイルに合った仏壇以外の場所で使えるおりんも提案しています。

【終了】「きもので街歩き」 着物レンタル京都祇園屋

2019/11/30(土)

【終了】「きもので街歩き」 着物レンタル京都祇園屋

京都祇園屋様のご協力により、1日限定で当ホテル内に着物レンタル店を開きます。ご滞在が思い出深いものとなりますよう、お着物を着ての散策やお食事、写真撮影など京都ならではの和文化体験をご堪能ください。

開催日時:11月30日(土)①10:00~12:00 ②15:00~18:00
内  容:男女着物一式 3,500円(税別)キッズサイズあり
     訪問着一式  9,000円(税別)
     ヘアセット  1,500円(税別)
会  場:1Fラウンジ

注意事項:
※お支払いは京都祇園屋へ直接お支払いいただきます。(現金のみ)
※ヘアセットと着付けで40分〜50分かかります。
※訪問着一式は3着限定です。
※ご予約はフロントにて、前日から当日17時まで可能です。

【終了】今と昔を繋ぐ「忍道を行く」 忍者道具の展示

2019/11/22(木)~12/22(日)

【終了】今と昔を繋ぐ「忍道を行く」 忍者道具の展示

このイベントは終了しています

伝統的で本格的な忍者修行ができる伊賀流忍者道場「NINJA DOJO and STORE」の忍者衣装や武器道具等の展示を行います。一部展示品は実際に手に触れていただける物もございます。

展示期間:11月21日(木)~12月22日(日)

代表 兼 講師 市川 伊蔵
クリエイター歴17年。空手道、居合道、忍術など武術歴9年。煎茶道も学び、また伝統文化・工芸・芸能の関わる友人が多いために日本文化を嗜み、文化ワークショップ、体験なども主催。 忍術稽古、忍者研究、忍者に関わる地域でのフィールドワーク、海外での忍者ワークショップを経て、クリエイター、スポーツ、武術、日本文化、英語のスキルを活かし「NINJA DOJO and STORE」をオープンし、 忍者文化伝道師となる。

https://ninjadojoandstore.com/

【終了】今と昔を繋ぐ「忍道を行く」 忍者体験

2019/11/23(土)・11/24(日)

【終了】今と昔を繋ぐ「忍道を行く」 忍者体験

このイベントは終了しています

伊賀流忍者道場の師範が教える忍道を実際に体験いただきます。忍者の衣装を着て、古来の歩き方や呼吸法、剣術を実際に実践いただけます。

開催期間:11月23日(土)①10:00~11:30 ②13:00~14:30
     11月24日(日)①10:00~11:30 ②15:30~17:00
参加人数:各回5回
会  場:1Fラウンジ
※ご宿泊のお客様で、15歳以上の方がご参加いただけます。

代表 兼 講師 市川 伊蔵
クリエイター歴17年。空手道、居合道、忍術など武術歴9年。煎茶道も学び、また伝統文化・工芸・芸能の関わる友人が多いために日本文化を嗜み、文化ワークショップ、体験なども主催。 忍術稽古、忍者研究、忍者に関わる地域でのフィールドワーク、海外での忍者ワークショップを経て、クリエイター、スポーツ、武術、日本文化、英語のスキルを活かし「NINJA DOJO and STORE」をオープンし、 忍者文化伝道師となる。

https://ninjadojoandstore.com/


【終了】今と昔を繋ぐ 京の秋 写真展「紅京」

2019/10/24(木)~11/17(日)

【終了】今と昔を繋ぐ 京の秋 写真展「紅京」

このイベントは終了しています

日本の四季を彩る紅葉。日々移り変わる紅葉の一瞬を収めた写真を展示いたします。京都を知り尽くし、京都を愛し、全国初の地域プロ写真家団体である京都写真家協会全面協力によるこの写真展は、ホテルロビーに約10点展示しています。

ホテルのフロントを入ると、京都の様々な施設が今までとは違った顔を見せている風景が皆様をお迎えします。見上げる高さがある写真の目の前に立つと、その空間にあたかも自身が立っているような感覚に。その圧倒的な迫力の紅色に包まれる空間をご体感ください。
お気に入りの写真を見つけたら、早速行ってみましょう!

京都写真家協会

大阪で日本万国博覧会が開催された1970年 、「京都写真家協会」の前身であります「京都広告写真家協会」が全国ではじめての地域写真家の団体として創立。
その後1995年、協会名を「京都写真家協会」に改称し現在に至る。
2016年、京都・キエフ姉妹都市提携45年記念のプロジェクトとして、ウクライナ・日本センターから京都を紹介する写真展への協力要請があり、写真データを提供し、写真作品31点はキエフ歴史博物館にて展示される。
現在も「京都写真家協会」はそのネットワークを活用して国際交流や地元の公共的な行事にも積極的に参加し続けている。

https://www.kps.gr.jp/

【終了】今と昔を繋ぐ「金継ぎ」

2019/10/2(水)~10/20(日)

【終了】今と昔を繋ぐ「金継ぎ」

このイベントは終了しています

ジュエリーデザインを手掛けていたコバヤシ タカシ氏により、器がジュエリーのように、そしてデザインとしてすでにあったかのような模様に仕上げた金継ぎの器を、是非ご覧ください。

金継ぎ(きんつぎ)とは、割れや欠け、ヒビがはいるなどした陶磁器等の破損部分を漆によって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる昔ながらの修復技法です。室町時代以降、蒔絵など漆を使う工芸技術と、修理した器もありのまま受け入れる茶道精神の普及により、金継ぎに芸術的な価値が見いだされるようになり、文化財に指定されたり、骨董として珍重されたりする金継ぎ陶磁器もあります。
現代においても、愛用の器やスマートフォンなどを修理して長く使い続けたり、金継ぎの過程や跡をアートとして楽しんだりするために、今、金継ぎの教室が人気となっています。

「金継ぎ」作家 コバヤシ タカシさん プロフィール

1965年山梨県生まれ/大阪市在住
東京のジュエリー学校にて制作・デザインを学び、ジュエリー企業デザイナー、デザイン事務所所属デザイナー、フリーデザイナーを経て、母校で約18年間常勤講師として後進の育成に携わる。
その間、オーダーメイドのジュエリー制作を中心に、他分野のクリエイターともコラボレーションし、自分のできることと掛け合わせた新たな創造性を模索してきた。
そんな中、お気に入りのご飯茶碗が欠けてしまったことをきっかけに、以前より興味があった金を施す「金継ぎ」について独学で習得する。
一旦は割れてしまい「使えない」状況を「金継ぎ」をすることで蘇り、新たな価値が付け加えられる。私たちの暮らしの中での大きな価値基準の変化に繋がると思い、ワークショップなどを開催するなど認知活動の幅を広げている。

この活動の他、2016年よりクリエイターを支援する団体「CREA/Me(クリーム)」を運営開始。2019年からはオンラインサロンもスタートし分野を超えた多くの人材が参加している。」

【終了】今と昔を繋ぐ 器の町 五条「金継ぎ」

2019/10/14(月・祝)・10/19(土)

【終了】今と昔を繋ぐ 器の町 五条「金継ぎ」

このイベントは終了しています

金継ぎの講師に、ジュエリーデザインを手掛けていたコバヤシ タカシ氏をお招きし、器がジュエリーのように、そしてデザインとしてすでにあったかのような模様になる様を、是非ご体験ください。

金継ぎ(きんつぎ)とは、割れや欠け、ヒビがはいるなどした陶磁器等の破損部分を漆によって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる昔ながらの修復技法です。室町時代以降、蒔絵など漆を使う工芸技術と、修理した器もありのまま受け入れる茶道精神の普及により、金継ぎに芸術的な価値が見いだされるようになり、文化財に指定されたり、骨董として珍重されたりする金継ぎ陶磁器もあります。
現代においても、愛用の器やスマートフォンなどを修理して長く使い続けたり、金継ぎの過程や跡をアートとして楽しんだりするために、今、金継ぎの教室が人気となっています。

「金継ぎ」作家 
コバヤシ タカシさん
1965年山梨県生まれ/大阪市在住
東京のジュエリー学校にて制作・デザインを学び、ジュエリー企業デザイナー、デザイン事務所所属デザイナー、フリーデザイナーを経て、母校で約18年間常勤講師として後進の育成に携わる。
その間、オーダーメイドのジュエリー制作を中心に、他分野のクリエイターともコラボレーションし、自分のできることと掛け合わせた新たな創造性を模索してきた。
そんな中、お気に入りのご飯茶碗が欠けてしまったことをきっかけに、以前より興味があった金を施す「金継ぎ」について独学で習得する。
一旦は割れてしまい「使えない」状況を「金継ぎ」をすることで蘇り、新たな価値が付け加えられる。私たちの暮らしの中での大きな価値基準の変化に繋がると思い、ワークショップなどを開催するなど認知活動の幅を広げている。
この活動の他、2016年よりクリエイターを支援する団体「CREA/Me(クリーム)」を運営開始。2019年からはオンラインサロンもスタートし分野を超えた多くの人材が参加している。